未分類

労働装備率

労働装備率とは、従業員一人当たりが使用している有形固定資産を示す指標のこと。有形固定資産の合計を従業員数で除して算出する。この比率が高いほど、企業の設備の技術水準が高いとされる。

労働装備率と稼働している有形固定資産の回転率を高めることで労働生産性を高めることができるため、労働生産性を分析する上で重要な指標となる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。