未分類

人間関係論

「人間は経済合理性に基づいて行動する」というテイラーが提唱した"合理的経済人モデル"や、「人間は感情を持ち、人間関係に影響を受けながら行動する」というメイヨーやレスリス・バーガー等による"感情人モデル"を前提とした考え方。

ウエスタン・エレクトリック社でのホーソン工場実験にはじまり、現代の行動科学の端緒となった。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。