人事情報源

【コンサルティングコラム】
「やる気」の構造 ~これがモチベーションを高める組織だ!~ - 2章 日米の「人事制度」を再点検する⑨

4.会社を元気にする人事制度とは?

ここでもう一度、「日本型人間主義人事制度」と「米国型職務主義人事制度」の仕組みとメリット・デメリットを整理してみましょう。下図を見てください。


新しい人事制度に必要な視点とは?

日本型と米国型のメリットとデメリットは、ほぼ裏表の関係にあります。「隣の芝は青く見える」という言葉がありますが、相手のメリットばかりに着目していると、いま享受しているメリットを失ってしまう可能性があります。

日本においても、米国においても、人事制度は絶えず進化してきました。それぞれが、日本と米国の組織風土やマネジメント・システムに合った形で改良されてきたわけです。

今後、ますます国境の垣根が低くなっていく中では、「日本型のマネジメントと人事制度」や「米国型のマネジメントと人事制度」――それぞれの成功経験や失敗体験(もしくは、メリット・デメリット)を糧にしながら、新しいマネジメントスタイルを模索していくことになるでしょう。

そして、そのカギを握っているのが、本書のテーマとなっている「ワーク・モチベーション」であり、これからは「社員のワーク・モチベーションを育てる」ことを重視した仕組みづくりを行っていかなくてはならないのです。

※この内容は2003年に書かれたものです。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。