人事情報源

配転/出向/転籍

企業の人事異動施策の一つ。

「配転」は、同一企業内において従業員の職務内容、勤務地、所属部署を変更させること。配置転換の略称である。使用者は、就業規則に定めのある場合に配転命令権を行使できる。

「出向」は、関連企業等に従業員を派遣し労働させることで、出向元と労働契約関係を維持しながらも出向先が指揮命令権を持つ形態を指す。使用者は、出向を命令できる雇用契約を労働者と結んでいる、かつ出向命令権の行使が権利濫用でない場合にのみ出向命令権を行使できる。

「転籍」は、他の企業に従業員の籍を移し労働させることを指しで、元企業との労働契約関係を終了した後に転籍先と新たな労働契約を締結する形態である。元企業は一方的に転籍命令権を行使することはできず、個別に従業員の同意を取得する必要がある。

関連コンテンツへのリンク

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。