人事情報源

変形休日制

変形時間労働制の一つで、4週間を通じて4日以上の休日を与えるもの。

通常は、週1度の法定休日を与えなければならないが、勤務形態が不規則である等の理由で週休制を敷きにくい場合に変形休日制が採用される。

労使協定または就業規則において、①対象労働者の範囲、②対象期間および起算日、③労働日および労働日ごとの労働時間、④労使協定の有効期間を定める必要がある。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。