人事情報源

労災保険

政府が管掌する労働保険制度の一つで、労働者が業務中または通勤中に災害にあった場合に、本人やその家族を保護する目的で給付されるもの。正式名称は、「労働者災害補償保険」である。

すべての使用者は、労働基準監督署にて加入手続きを行い、保険料の全額を負担する義務を負う。

保険料の納付は雇用保険と同時に行われ(農林漁業、建設業などを除く)、年度当初に当年の保険料の概算を支払い、翌年の確定申告の際に過不足分を精算するという方法をとる。

雇用形態や名称を問わず、原則的に賃金を受け取る全ての労働者が国から保険給付を受ける権利を持つ。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。