人事情報源

二重就職/兼業禁止

労働契約に伴う労働者の義務の一つで、使用者の承認を得ることなしに所属している企業以外の業務に従事することを禁止するもの。この契約は、業務外の時間で労働者に休養をとらせること、また、企業の経営秩序や対外的信用を守ることを主な目的として定められている。

兼業の定義は企業ごとに定めることができ、労働者がそれに違反した場合には懲戒処分の対象になることがある。ただし、他社への就業が労務管理上または会社経営上重大な問題となるおそれがない場合には、兼業禁止は無効となる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。