人事情報源

ワークショップ

参加体験型のグループ学習。

講義やセミナー形式の研修では講師が受講者に対して一方的に知識を提供するのに対し、ワークショップでは、受講者自身が意見を述べたり他の参加者に質問をするなど、研修に主体的に参加することが特徴である。参加者同士の意見交換やグループワークを通じて、実践的な知識や技術を学ぶ効果がある。

自律的な学習を促進させる目的として、ワークショップ型の研修が取り入れられている。

関連コンテンツへのリンク

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。