人事情報源

ジョブ・ローテーション

定期的・計画的な職務変更を通じ、新たな職務へ従事させることで人材を開発する方法。

ジョブ・ローテーションによる効果は、複数の職務を経験させることによって育成効果を高める側面と、同一の職務を長期間継続させることによって生じる課題(マンネリ化によるモチベーションの低下など)を解決する側面の、2つの側面がある。

前者の効果は、幅広い知識や経験を身につけた総合的視野をもった人材育成を可能とし、後者は、新たな職務を経験することにより、これまで発見されなかった各人の新たな適性の発見、仕事に対する満足度の向上を可能とすると考えられる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。