人事情報源

動機づけ要因/衛生要因

アメリカの心理学者ハーツバーグによって提唱された、仕事における満足と不満足を引き起こす要因に関する理論。人間が仕事に満足感を感じる要因を「動機づけ要因」といい、不満足を感じる要因を「衛生要因」という。

「動機づけ要因」としては、自己成長や自己実現、チャレンジングな仕事などが挙げられ、「衛生要因」としては給料や労働環境、会社の方針、管理方法などが挙げられる。「動機づけ要因」を与えることによって、社員の満足感を高めモチベーションを向上させることができる。

一方「衛生要因」は、手を打つことで不満は解消されるが、満足感やモチベーションを高めるとは限らないとされる。そのため、社員の士気を向上させるためには、「衛生要因」だけでなく「動機づけ要因」にも手を打つことが必要となる。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。