人事情報源

キャリア・ディベロップメント・プログラム(CDP)

中長期的な視点で計画を立て、社員の能力を開発する方法。経歴管理と訳される。計画的に研修を受講させたり、異動により異なる職務を経験させることによって能力開発を行う。計画的にキャリアを開発することで、企業と個人、双方のニーズを満たすことを目的とする。

企業のニーズとしては、主に基幹社員の育成が挙げられ、個人のニーズとしては、主にキャリア目標の実現に向けて、適性の発見や、必要な能力や技術を獲得できることが挙げられる。

関連コンテンツへのリンク

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。