人事情報源

プランド・ハップンスタンス・セオリー

スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授によって提唱されたキャリアに対する考え方。

「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される。その偶然をできるだけ計画的に発生させ、自分のキャリアを良いものにしていこう」という考え方。「計画的偶発性理論」と訳される。

予期せぬ偶然の出来事を「計画された偶発性」に変えるには、好奇心、持続性、楽観性、柔軟性、リスクテイキングの力が重要であるとされている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。