人事情報源

学習移転モデル

学習方法のひとつであり、研修などで学んだ知識を現場へ応用する(移転する)ことによって学ぶ方法。「学習移転モデル」では以下のプロセスで学習が行われる。

①知識創造: 研究者が伝達可能な知識を創造する
②知識伝達: 創造された知識を講師が伝達する
③知識習得: 伝達された知識を学習者が習得する
④知識応用: 習得した知識を学習者が現場で応用(移転)する

税務や会計など、実務が理論体系の上に成り立っている分野を学ぶ際に適する。マーケティングや経営戦略など、暗黙知や経験知の重要性が高く、実務が必ずしも理論体系の上に成り立っているとは言い難い分野を学ぶ際には適していない。

その場合は、経験学習モデル批判的学習モデル、正統的周辺参加モデルなどの学び方が効果的である。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。