人事情報源

状況論アプローチ

「人は研修や学校などのフォーマルな教育プログラムを通してだけではなく、現場の仕事を通じて常に学習している」という学習に対する考え方。この考え方の重要な点は、教育と学習を明確に区別している点である。

「教育」は「学習を支援する活動」とし、「学習」は「日常のなかで個人・組織の行動や考え方が変化していくプロセス(個人・組織の主体的な活動)」としている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。