人事情報源

正統的周辺参加モデル

会社などの社会的な共同体へ参加すること自体が学びであるという考え方。学習と仕事を別の概念として捉えている他の学習モデルとは異なり、学習と仕事には境界線が無く、学習とは仕事に埋め込まれた日常的行為であるという理論。

この考え方に基づくと、部門横断的なメンバーによって構成されたプロジェクトに参加すること自体も、組織における効果的な学習の場であると捉えることができる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。