人事情報源

批判的学習モデル

当たり前だと考えていた自分の行動や考え方を「批判的」に省察し(自らをかえりみ、考えること)、現状に対する問題意識を醸成することを通して学習する方法。どの程度深く省察をするかによって、現状への問題意識の深さも変化する。

問題意識の深さは、以下の後者に進むほど深くなる。

①手段探究モード: 目的達成のために採用している手段・方法は適切であるかを批判的に省察する
②目的合意モード: 正しいと考えていた活動の目的は、本当に適切であるかを批判的に省察する
③背景批判モード: 活動目的の設定に至った、自分のものの見方・考え方は適切であるかを批判的に省察する

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。