人事情報源

相対評価

一定の母集団の中での比較により、評価の優劣を相対的に決定する方法。例えば、一次評価は絶対評価で行い、二次評価以降は相対評価で行うことで、等級間や部門間の評価調整を実施しやすくできる。

その場合、一次評価と最終評価が異なる場合も生じるため、被評価者にフィードバックを実施する際には、最終的に決定した評価の根拠を説明することが望ましい。

「相対評価」と対になる考え方に「絶対評価」がある。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。