人事情報源

従業員株式保有制度

自社株式を継続的に取得・保有し、退職時点で引き出すことができる制度で、自社株式による確定拠出型年金制度を指す。「ESOP(Employee Stock Ownership Plan)」とも呼ぶ。

企業の拠出による資産を自社株で運用するため、自社株の価値が高まれば退職時の給付価値も高まる。従業員の定着や業績意欲向上の効果があると考えられている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。