人事情報源

減点主義

被評価者の欠点や失敗に注目する評価の考え方。失敗やミスに対し減算するため、慎重な行動を促せる一方、挑戦を阻害する可能性もある。

従来の日本企業においては減点主義による評価を行うことが主流であったため、ポスト争いにおいても「過去に一度でも失敗をすると出世コースからはずれる」というイメージが未だに強い。そこから転じて、「失敗を恐れて挑戦しなくなった日本企業の風土」を意味することもある。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。