人事情報源

懲戒解雇

懲戒解雇とは、職場の秩序に従わないまたは職場に著しい不利益を与える行為を長期間にわたって行った社員に対して、行われる解雇のこと。企業の従業員に対する制裁としては、最も厳しい形である。通常の解雇の場合には、予告解雇が前提であり、30日前に解雇する旨を伝えるか、30日分の賃金を支払う必要がある。

しかし、懲戒解雇の場合には、管轄労働基準監督署長に解雇予告の除外認定を受けることで即刻解雇にすることもできる。また、懲戒解雇の場合に退職金を不支給・減額にする場合は、予め就業規則・労働協約等に明らかにしておく必要がある。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。