人事情報源

争議行為

団体行動権を前提に、労働者が団体交渉において要求を貫徹すべく、労務の不提供を中心に使用者に圧力をかける行為。争議行為には以下の種類がある。

同盟罷業(ストライキ):集団的な労務の不提供
怠業(サボタージュ):量的質的に低下させた作業の継続
職場占拠:座り込み等による職場運営の阻害
ピケッティング:ストライキ参加者の監視による参加者以外の就労阻止
ボイコット:労働者による自社製品の不買運動

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。