人事情報源

使用者

労働法上の当事者のうち、「事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者」(労働基準法第10条)をいう。

但し、厳密には使用者の概念は各労働法制により異なる。労働契約法では、使用者は労働契約上の責任を負う主体に留まるが、労働基準法ではそれに加え、労働者の労働条件決定や指揮命令権の行使など「労働者に関する事項」について実質的な権限を有する者すべてとしているため、労働者が同時に使用者である場合も発生する。

また、労働組合法では使用者について特別の規定をしていない。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。