人事情報源

労働基準監督署

労働基準法をはじめとした労働関係法規の事業場における実行を監督・指導する行政監督制度のうち、都道府県労働局の下に設置される厚生労働省の出先機関。「労基署」と略される。(以下、労基署と記載)

労基署には、労働基準監督署長および労働基準監督官などが配置され、事業場を臨検し、賃金台帳提出の求めや必要な尋問を行うことができる。労基法違反の場合には、捜査や逮捕など刑事訴訟法に規定する司法警察官の職務を行う権限が与えられている。

労働者は労基法違反の事実があると考える場合には、労基署に申告することができる。その際、使用者は申告を理由に解雇などの不利益取扱いを労働者にしてはならないとされる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。