人事情報源

産業別労働組合

労働組合の組織形態の一つ。産業単位に、当該産業の労働者を構成員として組織される企業横断的な労働組合のこと。「産別」(以下、産別と記載)と略される。企業別労働組合を主とする日本に比して、主に欧米の労働組合に多い組織形態とされる。

欧米の産別が企業との団体交渉の最前線に立って労働条件等の交渉を行うのに対し、日本の産別は複数の企業別労働組合の連合体として組織され、各企業との団体交渉含め、実質の権限は各企業別労働組合にあるとされるために、各企業別労働組合の意見調整機関に留まるといわれている。

産別は、同一労働同一賃金の実現や、同業種での賃金水準差が小さいことによって雇用流動性の確保を果たしやすい一方、個別企業の実態に沿った柔軟な労使交渉が難しいとされる。

関連コンテンツへのリンク

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。