人事情報源

労働争議

労使間において、労働条件等をめぐって発生する紛争。

労働関係調整法では、「労働関係の当事者間において、労働関係に関する主張が一致しないで、そのために争議行為が発生している状態または発生する虞(おそれ)がある状態」と規定している。

労働争議には大きく、ストライキなどの争議行為を伴う争議と争議行為を伴わない争議とがあり、その調整には労働委員会によるあっせん、調停、仲裁などの調整制度が労働関係調整法に定められている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。