人事情報源

労働委員会

労働組合法によって設置された集団的労働紛争を取扱う独立行政委員会。

使用者委員、労働者委員、公益委員によって構成される三者構成の委員会であり、厚生労働大臣の所轄下に置かれる中央労働委員会と各都道府県知事の所轄下に置かれる都道府県労働委員会とからなる。その機能としては、大きく以下の二つがある。

1.不当労働行為の救済(労働組合法第27条)
救済申立てを受け、調査、審問、公益委員会議などの審査手続により、不当労働行為の成否を判断し、その結果如何により救済命令あるいは棄却命令を発する。

2.労働争議の調整(労度関係調整法第5条)
主に労働組合が一方当事者として関与する集団的労働紛争について、あっせん、調停、仲裁などの方法で争議の調整を図る。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。