人事情報源

労働者災害補償保険法

業務上の事由または通勤による労働者の負傷、疾病、障害、死亡等の労働災害に対する補償として、保険給付(労災保険)や社会復帰の促進等について規定した1947年制定の法律。

労災保険は、原則として一人でも労働者を使用する事業所すべてに適用され、雇用形態にかかわらず原則すべての労働者が対象となる。但し、国の直営事業、官公署の事業、船員保険の被保険者については適用除外とされる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。