人事情報源

定款の絶対的記載事項/相対的記載事項/任意的記載事項

定款(組織活動の意義や原則を記載した書面)に記載すべき事項の分類。M&Aで設立した会社を含め、全ての会社が定款を作成する必要がある。

【絶対的記載事項】
定款に必ず記載しなければならない事項。記載がなければ、定款全体が無効となる(=会社設立とならない)。該当項目は、事業目的、商号(会社名)、本店の所在地など。

【相対的記載事項】
記載がなくとも定款全体が無効になることはないが、定めがないと、その事項の効力が認められない事項。該当項目は、取締役・監査役の任期、株式譲渡制限など。

【任意的記載事項】
上記2つ以外の事項。定款外で定めてもよいが、定款に盛り込むことで内容が明確となり、全社で共通認識をもつことができる。該当項目は、事業年度、役員報酬の決め方など。

関連する情報へのリンク

この用語に関連のある情報の一覧です

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。