人事情報源

垂直統合/水平統合

部品メーカーと最終製品メーカーの統合のように、技術開発、生産、販売など異なった業務を担う会社同士が統合することを「垂直統合」といい、同じ業界内で同一製品やサービスを提供している会社同士が統合することを「水平統合」という。

垂直統合では、中間コストの圧縮、原料や製品の安定調達、顧客ニーズを汲み取った製品の開発などのメリットがあり、水平統合では、規模の経済が働くというメリットがある。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。