人事情報源

人事制度における移行措置

M&A実施後、人事制度も統合されることに伴う旧制度から新制度に移行する際の一時的な措置。

人事制度を変更した場合、不利益を伴う社員が発生する可能性があり、その場合は不利益を緩和するなどの救済措置を施し、労使間のトラブルを防止する必要がある。

人事制度の変更に伴ない発生する可能性のある不利益として、賃金の急激な減少が挙げられる。それを緩和するための移行措置として、減額分を補填し、補填金額を数年かけて減らし最終的に新制度の水準へ移行していく方法がある。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。