人事情報源

規模の経済

規模の経済とは、生産量の増大に伴う単位当たりの平均生産コストの低減と、原材料の大量購入による仕入れコストの低減のことを指す。

固定設備を使用する工場や、工業製品を生産する企業では、生産する規模を拡大することにより費用が節約されるため、収益を拡大することができる。

また、大企業では、取引規模の拡大に伴い、原材料などの大量購入における値引き交渉が可能となる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。