人事情報源

マルチブランド戦略

マルチブランド戦略とは、同じ製品カテゴリーに複数のブランドを展開することを指す。異なる特徴を持つブランドを複数併存させることで、さまざまな情報を発信することができる。その結果、より幅広い顧客の需要に応えることが可能となり、総合的なシェア獲得が期待できる。

一方、経営資源が分散するため、一つのブランドに集中した対応を取ることができない。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。