人事情報源

減損処理

減損処理とは、資産の収益性が低下して投資額の回収が見込めなくなった場合、当該資産の帳簿価額にその価値の下落を反映させる手続きを指す。減損会計とも言う。

減損処理の対象となる資産には、有形固定資産、無形固定資産、および投資その他の資産が含まれる。

減損の対象とされた資産については、帳簿価額を減額し、これを損益計算書上、損失として計上することで、含み損が利益のマイナス要因として顕在化することになり、会社の業績に直接影響を与える。

日本では、平成18年3月から適用が義務付けられている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。