人事情報源

コーポレート・ガバナンス(企業統治)

コーポレート・ガバナンスとは、株主や銀行、債権者など企業を取り巻くさまざまな利害関係者(ステークホルダー)が企業活動を監視し、健全かつ効率的な経営を達成するための仕組みのこと。企業統治と訳される。

これまで多くの日本企業では、会社は経営者あるいは従業員のものという意識が強く、コーポレート・ガバナンスに対する意識はあまり強くなかったものの、企業の相次ぐ不祥事を背景として、「企業は誰のものか?」「企業統治はどうあるべきか?」を問う声が高まっている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。