人事情報源

クロス・ライセンス

クロス・ライセンスとは、特許等を企業間で相互に供与し合う契約を結ぶことを指す。通常、他社の特許を利用する場合、ライセンス料が発生するが、クロス・ライセンスを利用することで、ライセンス料の債務を負うことなく、他社の技術を利用することができる。

異業種間のクロス・ライセンスであれば、相手企業が自社の特許を利用しても自社の事業に与える影響は小さいため、クロス・ライセンスは成立しやすくなる。

一方、同業他社とのクロス・ライセンスは自社の事業に与える影響が大きく、メリット・デメリットが複雑に絡み合うため、クロス・ライセンスは成立しにくくなる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。