人事情報源

資本金

資本金とは、出資者が企業に拠出した事業運営の基礎となる資金を指す。会社規模を示す一つの指標となる。

例えば、金融機関などから融資を受けるときは、資本金が多い方が一般的に融資を受けやすくなり、特定の事業を行う際に必要な行政の許認可を得るためには、一定以上の資本金が条件となる。

2006年の会社法改正により、最低資本金制度が撤廃され、資本金1円で会社を設立できるようになった。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。