人事情報源

ROA(総資産利益率)

ROAとは、「Return On Assets」の略で、企業の収益性を見る指標の一つで、当期純利益を総資産で除したものを指す。総資産利益率と訳される。

ROAは、企業が総資本(自己資本+他人資本)を効率的に運用しているかを示す指標となり、ROAの高い企業は、収益力があると捉えることができる。

株主だけでなく債権者も含めた資金提供者にとって、ROAはどれだけ利益を生み出すことができたかを示している。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。