人事情報源

損益分岐点

損益分岐点とは、収益と費用が等しくなり、損益がゼロになる売上高にある状態のこと。

売上高がこの点以下では損失が生じ、それ以上になると利益が生じるため、経営者にとっては、企業が利益を得るために必要な最低限の売上げを示す指標となる。

損益分岐点を求めることで、決められたコストの下で収益を出すために必要な売上高や、収益を出すために必要なコストダウンの金額を知ることができる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。