人事情報源

知的財産

知的財産とは、物としての財産ではなく、知的創造活動によって生み出された特許・著作・商標・意匠などの財産的価値を有する情報のこと。

知的財産には、利用しても消滅せず、容易に模倣されやすいという特徴があるため、知的財産を創造した人の権利(知的財産権)を保護することを目的に、知的財産権制度が発足された。

知的財産は、登録により発生するものと、創作等により直ちに発生するものがある。具体的には、知的財産権のうち産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)については特許庁に登録することで権利が発生する一方、著作権は著作物を創作した時点で権利が発生する。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。