人事情報源

社外取締役

社外取締役とは、企業の取締役会の監督機能強化を目的として、企業と直接の利害関係のない独立した有識者や経営者などから選任する取締役のこと。主に他企業の経営者、大学教授、学者などが社外取締役として起用されている。

日本でも経営の不祥事が相次ぐ状況下で、経営の透明性、株主重視の経営の必要性が求められ、社外取締役の導入が広まりつつある。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。