人事情報源

利益相反

利益相反とは、ある人の保有する2つの異なる役割における利益が互いに相反する状況のこと。

例えば、会社が取締役の債務を連帯保証する場合や、取締役が自己又は第三者のために会社と取引をする場合など、取締役と会社との利害が相反する取引を利益相反取引と呼ぶ。

利益相反取引においては、取締役が自らの地位を利用して自己又は第三者の利益を図ろうとした結果、会社が損害を受けるおそれがある。

そこで、会社の利益を侵害することを防止するために、利益相反取引を行う場合は、取締役は取締役会株主総会等において、当該取引を行うことについて承認を受けなければならない。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。