人事情報源

労働分配率

労働分配率とは、生産活動によって得られた付加価値のうち、人件費として労働者に還元されている割合を指す。人件費を粗付加価値額で除して算出する。

一般的に、資本集約型産業の労働分配率は低くなり、労働集約型産業は高くなる。

また、労働分配率は、景気の動向によって短期的に変動する傾向があり、不況時には分母(付加価値総額)が減少するため大きくなる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。