人事情報源

労働生産性

労働生産性とは、従業員一人当りの付加価値額を示す指標のこと。付加価値生産性とも呼ばれ、付加価値を従業員の数で除して算出する。

労働生産性が高いほど1人当たりの従業員が生み出す付加価値が高く、効率的に価値を生み出していると言える。

一般的に、多額の設備投資を要する資本集約的な業種は労働生産性が高く、多くの人手を必要とする労働集約的な業種は労働生産性が低いとされる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。