人事情報源

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)とは、展開する複数の事業に対し、最適な経営資源の分配を行うためのマネジメント手法を指す。ボストン・コンサルティング・グループが1970年代に提唱した。

PPMでは、縦軸に市場成長率、横軸に相対的な市場占有率を置くことにより、事業を次の4つの象限に分類する。

①花形商品(市場占成長率:高、市場占有率:高)
②金のなる木(市場成長率:低、市場占有率:高)
③問題児(市場成長率:高、市場占有率:低)
④負け犬(市場成長率:低、市場占有率:低)


自社の事業が、この4象限のどこに位置付けられるかによって、自社の事業の方向性と、どのように経営資源を分配するかを分析することができる。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。