人事情報源

カフェテリア・プラン

法定外福利厚生の支給方式の一つ。従業員が利用する福利厚生の項目を自分で選べるもの。もともとは、80年代のアメリカで、高騰する団体医療保険を抑制する目的で導入された。

日本では、90年代後半から導入が広まっており、従業員の多様な生活環境・ライフスタイルに応じてサービスを選択することができるため、従業員の満足度が高い、と考えられている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。