人事情報源

財形貯蓄制度

企業が任意で行う福利厚生(いわゆる法定外福利厚生)の一つ。従業員が金融機関などと契約を結んで、定期的に賃金から一定金額を控除し、事業主を通じて貯蓄するもの。

一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄の3種類があり、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄は一定金額の元金から生まれる利子が非課税となるメリットがある。

関連コンテンツへのリンク

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。