人事情報源

住宅支援

企業が任意で行う福利厚生(いわゆる法定外福利厚生)の一つ。社宅の提供や住宅手当の支給を通じて、従業員の住宅費の一部を支援するものである。

もともとは、大正期に起こった急激なインフレの下で、従業員の雇用を確保しつつ賃金の上昇を抑えるために、住宅手当を含む生活給付的な手当が生まれた。

現在では、労働の対価としてのみ賃金を支給するという、いわゆる「ノーワーク・ノーペイの原則」に従い、住宅費等の生活関連の手当を撤廃する企業も増えている。

関連コンテンツへのリンク

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。