人事情報源

食事補助

企業が任意で行う福利厚生(いわゆる法定外福利厚生)の一つ。社食の提供や食事補助の支給を通じて、従業員の食費の一部を支援するもの。もともとは、従業員の生活補助を目的として支給された。最近では下記のように社食制度の目的は多様化している。

①社員の会社への愛着を高める
②自社商品のファンになってもらう
③社員以外も使用可能にして地域住民との心理的つながりを増やす
④社食を通じて従業員の健康を管理する、など

関連コンテンツへのリンク

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。