人事情報源

参加型マネジメント

組織の意思決定の権限・システムの一つ。ある意思決定により影響を受ける人自身を、その意思決定のプロセス自体に参加させること。

意思決定プロセスに参加させることで自己効力感を向上させ、モチベーションを高め、組織へのコミットメントを促す効果が期待される。

1970年代に、組織構造を変えることへのニーズが高まった時期に、アメリカでこの手法が採用され始め、現在でも多くの企業が採用している。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。