人事情報源

ジョブ・シェアリング

ワーク・シェアリングに分類される施策の一つ。通常1人の従業員に割り当てられる業務を二人以上の従業員で分担すること。育児や介護と平行して業務を行う従業員の、柔軟な労働時間に対するニーズに応える目的で導入される場合が多い。

一般的に、工場のライン工など時間あたりでの作業の分担がしやすい業務がジョブ・シェアリングに向いているとされており、管理職など職務を分担して行うことが難しい業務では導入が難しいとされる。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。